治療中の人

歯科で親知らずを抜いてもらう場合、生え方によって治療の難易度が異なります。 人によってはもともと第三臼歯(親知らず)がない人もいますし、あっても顎が広いので抜かなくても済む人もいます。 抜歯しなければいけないのは、痛みがある・親知らずが虫歯になってしまっている・他の歯に影響を与えている・曲がって生えてきているような場合です。 歯科治療の流れは、局所麻酔、抜歯(30分~1時間)が基本です。ただし、生え方が複雑だと歯茎の切開や歯の骨を削る特別な処置が必要になります。この場合には1時間以上かかります。 特に下顎の親知らずは歯根が神経に近い場合だと、治療中に神経を傷つけてしまう危険性が高いので厄介です。歯科によっては大学病院の歯科治療を勧めるケースもあります。

親知らずは「なければ良いのに」と思う人が大半だと思います。 確かに、ほとんどのケースが抜歯という手術を必要とするため、なければ良いと考えるのは当然と言えるかもしれません。 そんな不人気な親知らずですが、他の歯科治療で役立つケースもあります。 例えば、第二臼歯(親知らずの隣の歯)が抜けてしまった時に、ブリッジの土台として使えることがあります。また、矯正治療を行うことにより、親知らずを抜けた第二臼歯があった場所に移動させて、代わりの歯として使えることもあります。その他、自家移植という親知らずを抜けた歯があった場所に移植して埋め込む歯科治療に使えることもあります。 これらが可能なのは悪さをする親知らずではないこと、ということが条件になりますが、このようなことを知ると親知らずへのイメージが少し変わってきそうです。